緑内障は失明する恐れもある怖い病気です~目の治療はお早めに~

眼精疲労

気になったら眼科へ

目

目の前を小さな虫や糸くずのようなものが見えるのは、飛蚊症によるものです。急に症状がひどくなった場合は病気を疑いますが、それ以外は加齢によるものですので心配いりません。気になる場合には眼科を受診するようにしましょう。

Read More...

失明の危険

花

緑内障の治療には目薬を用いて治療を行っていきますが、内服薬を使うこともあります。これでも眼圧がコントロールできないときにはレーザーによって治療を行います。レーザーを使っても眼圧がコントロールができないとき手術を行うことになります。

Read More...

失明にもつながる眼の病気

看護師

キーワードは眼圧

緑内障とは、眼圧が高くなることで、視神経に障害が起こり、視野の低下や、失明を引き起こす眼の病気です。眼圧が高くなる原因は、眼球内部を満たす液体、これを房水といいますが、房水の生成が過剰になると、外側へ膨張する力が大きくなります。そして、視神経を圧迫することで、視野に障害を与えるのです。初期症状は、視野の一部が見えない程度であり、病気を発症していることに気付かない場合もあります。末期になると、視野のほとんどが失われてしまいます。緑内障は、40歳を過ぎると発症率が高くなる傾向があり、中高年の方は注意が必要です。緑内障の治療で重要なのは、早期発見と早期治療によって失明の危険を回避させることです。そのためには、眼科を定期的に受診する心がけが大切なのです。

自覚症状がないまま進行

緑内障の特徴として、初期症状に気付きにくいということがあります。これは、人間は両目で物を見ているため、片側に異常があっても、もう片方の眼が視野を補うため、自覚症状を遅らせているのです。視野が狭くなったり、視野に暗点があれば、それは緑内障の初期段階の可能性が高く、すぐに眼科を受診する必要があります。緑内障の治療は、点眼薬やレーザー治療、手術がありますが、一番多く実施されているのは、点眼薬を用いた治療です。点眼薬には、房水の排水を促す薬剤が含まれており、眼圧を下げる効果が期待されます。点眼薬を用いた治療で大切なのは、投与を続けることです。症状が改善されないからといって投与をやめてしまうと、さらに病気を進行させてしまいます。レーザー治療は、眼の虹彩という器官にレーザーで穴を開け、房水の流れを変える治療です。手術は、点眼薬やレーザー治療で効果が見られなかったときに行われ、繊維柱帯という器官を切開し、房水を静脈へ流しだしたり、房水を眼球の外へ流しだす方法がとられます。

加齢による眼の病気とは

目の疲れ

目に起きる可能性がある問題には白内障や緑内障があります。中でも有名なのが白内障であり、これは主に年配の方に起きやすく症状として白く霞んだよう視界となり、さらなる悪い状態にもなりかねるため、早期な治療が求められます。

Read More...